×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ステージクリアにて厄介なこと

ここに紹介するのは、表のイベントバトルの攻略中における危険なクリーチャーの一覧だ。
これらにはめられるとクリアが難しくなるので、ここで注意点を確認しておこう。

表4
花魄・ミドガルズオルム
序盤ステージであるにもかかわらず、能力値の高いドラゴン系クリーチャーを使ってくる。
花魄をクリーチャーで倒してしまうと「怨念」が発動し、かかったクリーチャーを戻すか死ぬかで隙をつかれる危険がある。

表5
甕槌・紅葉
個々の能力が高いクリーチャーだ。甕槌は序盤に、紅葉は終盤に召喚してくる。
二人揃うと本当に恐ろしいが、甕槌は単騎で突っ込んでくることが多いので、みんなで囲んでしまおう。

表7
スルト・アリオク
この2人以外は大して強くないのがそろっている。だがそいつらを先に倒すと「不屈」が発動するので、
この2人のうち片方でも早く倒しておきたい。

表8
蛟・エウリノーム
エウリノームの方は召喚時間の短いクリーチャーとスケルトンによる数で押してくる。
蛟の方はZOCでアルゴスとマカラを守ってくる。
どちらも射程が長くて範囲も広いマカラを用意することが効果的だ。

表9
マカラ・たんころりん
敵のレベルが急に上がる。表面の砦である。
マカラの範囲の広い攻撃が厄介そのもの。その攻撃に乗じてサンダーバードとコウがせめてくる。
速攻で相手マスターを狙うときはたんころりんが厄介となる。

表10
蛟・ナイアス・野槌
蛟のZOCと範囲攻撃がこちらの行く手を遮るので、さっさと倒したい。
シパクナを出さずにクリアすることは不可能なので、サポート要員の野槌は必ず倒しておきたい。

表14
オセ・甕槌・ウコバク
オセと甕槌といった個々の能力の高いクリーチャーがそろっている。
移動力の高いクリーチャーが多く、後ろにマカラも控える。
逃げ場が少ないステージなので、ウコバクの召喚も恐ろしいところだ。
ZOCのあるクリーチャー(地属性も持つスフィンクスか太歳)がいれば本当に助かる。

表15
シパクナ・野槌
地属性統一パーティのちーちゃんのステージである。
シパクナが出てきた時に地属性5にならないようにするのが一番よい。
野槌は回避されると時間のロスとなるので、倒しやすいヴィネかノームを狙いたい。
地形を変えられる技が使えるクリーチャーがあれば、こちらの弱体化を防ぐ手段を得ることができるのでできればいれたい。


<<戻る